基礎代謝を低下させない工夫でダイエットスピードを維持する

19c667191e57bd2caba521ffb15dac85_s

ダイエット中でも基礎代謝をできるだけ低下させないようにすることです。

基礎代謝が体重の減少に比例して落ちないようにし、消費カロリーを高い状態に保てば、摂取カロリーを一定にしていても、体脂肪の燃焼スピードを落とさないですむことになります。

基礎代謝の低下を避けるために有効な方法は、ダイエット中でもできるだけ筋肉を落とさないようにすることです。

次のような状態が7つ以上ある場合は、基礎代謝の低下が起こっている可能性があります。

  • 体温が35.9℃以下である
  • からだがむくみやすい
  • 手足が冷えやすい
  • あまり汗をかかない
  • あまり運動しない
  • 少し食べてもすぐ太る
  • 生理不順、生理痛がひどい
  • 性欲が減退気味である(男性)
  • 疲れやすく、朝まで疲労が残る
  • よく憂鬱な気分になる
  • 朝、起きにくい
  • 髪の毛にツヤがなく、枝毛になりやすい
  • 皮膚がカサカサしている
  • 便秘しやすい
  • 血圧が低い
  • 貧血気味である
  • 肩こり、腰痛、頭痛がある
  • からだが硬い
  • 顔色が悪い
  • 年齢が40歳以上である
0101