ダイエットの停滞期

多くの人が経験することですが、ある程度までダイエットがすすんでくると、グラフの線が横ばい状態で止まってしまい、どうにも動かなくなってしまうことがあります。それにはいくつかの理由が考えられます。

2fb5dc946c7935e546d81fbc2a580617_s

人間がもっているからだの防衛反応がはたらいたということです。体脂肪は本来、からだにとっての保存食、あるいは非常食のようなものです。食事がとれないときに備えて、エネルギー源として備蓄しておくわけです。

それまで増える一方だった体脂肪が急激に減りはじめると、からだは異常事態が発生したと感知します。本当は、体脂肪が大量についているほうが以上なのですが、長いあいだ同じ状態がつづくと、それを正常と認識してしまうわけです。そこで、危機感を感じたからだは、体脂肪が失われないように防衛作戦を開始します。

0101