1日の消費カロリーの60%以上を占める基礎代謝

私たちのからだは、
「摂取カロリー」ー「消費カロリー」=「貯蔵カロリー」
という方程式がなりたっています。貯蔵カロリーがプラスであれば、そのぶんが体脂肪となって蓄積されていきます。

逆に、貯蔵カロリーがマイナスになれば、そのぶん体脂肪が分解されて、エネルギーとして使われます。

耳ツボダイエットでは、耳ツボ刺激によって食事量のコントロールをし、空腹感を感じないようにすることによって食事量を半分にして、摂取カロリーを減らしていきます。ところが、それでも体重が落ちない、体脂肪が減らないという人もいます。カロリーダウンしても、なぜ、痩せないのでしょうか。

このような場合は、消費カロリーのことを考えなければなりません。
消費カロリーというと、からだを動かすときに使うエネルギーばかりを考えがちですが、実際に私たちの体内で使われているエネルギーは次の3つに分けられます。

基礎代謝エネルギー(単位はカロリー)
生きていくために必要なエネルギーです。呼吸をしたり、心臓を規則正しく動かして血液を全身に送り出したり、内蔵のはたらきを維持したり、生命活動をつづけていくときに使う基本的なエネルギーです。1日に消費するエネルギーのうちでもっとも多く、全体の60〜70%といわれています。
生活活動エネルギー
通勤、通学や仕事、家事、勉強、スポーツなどでからだを動かしたり、脳をつかうときに、消費されるエネルギー
食事誘導性熱代謝エネルギー
食べたものを消化し、からだに吸収する際に発生する熱エネルギー

耳ツボダイエットでは、食欲中枢をコントロールして食事の量を減らしていきますから、食事誘導性熱代謝も少なくなっていきます。

食事からとる摂取カロリーよりも、基礎代謝と生活活動に使う消費カロリーが確実に多くなるようにすれば、自然と痩せていくことが出来るわけです。

0101